アンチエイジング&健康歯科クラブ(笑顔創造空間)(21世紀の新歯科医院) 医療法人社団 シンタニ歯科医院
院長の想い院内写真ツアーアンチエイジングスタッフ&Drシンタニ歯科医院 医院長 健康プロデューサー 新谷 哲生
金属の歯からセラミックへパーフェクト歯周病治療姿勢咬合サプリメント販売場所診察時間

酸素カプセル

酸素カプセルとは、気圧を高めたカプセルの中に
一定時間横たわって入ることによって、
日常呼吸時に取り込む量よりも多くの酸素を身体に供給し、
ボディコンディションを整える装置のことです。

美容、健康、リラクゼーションなど多目的用途に
 
スポーツ後の疲労回復や、ダイエット、アンチエイジングなど、
酸素セラピーを気軽に楽しむ事が出来ます。

■ 酸素カプセルの効果

酸素カプセル体験談に多く聞かれる酸素カプセルの感想には、
疲労回復、ダイエット、怪我の治癒促進などなど、
個々の体験者によって様々なものがあります。


酸素カプセルで得られる酸素は『溶解型酸素』と呼ばれるものです。
これに対し、酸素バーなどの酸素吸入や、
通常の呼吸によって得られる酸素の多くは『結合型酸素』と呼ばれているものです。
sanso_capsule.jpg

  • 人間の体は皮膚や内臓など、
全身に毛細血管が網の目のように張り巡らされて出来ています。
  • 呼吸で得られる酸素は、ヘモグロピンと結びついて運ばれるタイプの酸素、
つまり『結合型酸素』なので、
ヘモグロビンの量より多く運ぶことが出来ません。
この『結合型酸素』は毛細血管よりも粒子が大きいため
全身の隅々まで酸素が届きにくいという欠点があります。
  • これに対し酸素カプセルは、
カプセル内の気圧を高くする事によって
血液中に溶け込む『溶解型酸素』を増やし、多くの酸素を取り込むことが可能です。
これはヘンリーの法則による、
気体が持つ「気体は気圧の高さに比例して液体に溶け込む」
という性質を利用しており、
『溶解型酸素』は末梢の細胞にまで酸素供給することができる上、
『結合型酸素』のように血中ヘモグロビン量に依存する事もない 
というメリットがあります。
  • 1.3気圧という、胎児が母親のお腹にいるときに経験した
気圧に近いとも言われる状態の
酸素カプセルの中に入り、一定時間ただ横になっているだけで、
通常の呼吸では得られない『溶解型酸素』が身体の隅々まで供給できる。
  • 
そんな酸素カプセルの手軽さとセラピー後の爽快感も、
人気の秘密のひとつなのでしょう。