香川県高松市屋島 シンタニ歯科医院
シンタニ歯科医院Blog 技工士さんのひとりごと技工士 多田祐介 プロフィールはこちらから技工士 熊野秀貴 プロフィールはこちらから技工士 新谷考史 プロフィールはこちらから

2013年6月アーカイブ

かわべ歯科のブログから

 

今日は 健康提言 まさにそのとおり!

userpic-1-100x100.png  craftsman_title02.png

歯科医師、歯医者ではなく、デンティストに通おう  アメリカで最も人気がある職業はデンティスト  尊敬される職業がデンティストの存在で 日本での歯科医師、歯医者の存在ではありません。

デンティストと歯科医師の違い アメリカでは、子供は学校を休んでもデンティストに行きます  

歯科医師、歯医者さんは、虫歯、歯周病、義歯などに明け暮れているイメージです。

病人に対して行う計画ばかりで、 その結果、何年もすると治療をするたびに不健康になっていくという結末を招くのです。

この問題の最も根底に有るのが、 バックグラウンドの違い

デンティストとは、予防を中心にした通い方をする方だけに対して行う医療で 成長発育、健康、全身の疾患、発音、歯並び、美しさ、笑顔、 などのQOL(生活習慣の質)の改善を行う医療の存在がデンティストという職業です。

学校を休んでも行くところがデンティスト、 仕事をしている時間に堂々と行くのもデンティストなのです。 日本の様に疲れ果てて、痛みを堪えて、痛い治療にばかりのために通院する所では無いのです。 キーンという音ばかり、薬ばかりという存在ではないのです。

デンティストは、将来治療を行わないために、未来の大きなお金をなくさないために 通う場所なのです かわべ歯科は、デンティストをこの国で進化させる活動をこの30年行って来ました。 今では、歯を削ったり入れたりする人は一日のうちのほんの一人か二人あるか無いかです。 それも過去に治療を行われた場所が殆どです。 治療を行うことで良くなることはない。

世界中が予防にシフトしているのが、この事実です。 削ったり、入れたりの治療を行わないことから治療方針を作りあげる 日本の歯科医療とは逆の方向性。 生活に密着したデンティストという存在が欧米では一般的です。 つまり治療をする人々ではなく、ご自身の未来をお手伝いしてくれしてくれる 最高のパートナーがデンティストなのです。 生活の意識レベルを向上させることが、デンティストの存在です。 そろそろデンティストを日本でも育てませんか。

*シンタニ歯科もこのようにシフトしつつあります。

 是非皆さんで健康づくりはじめませんか?

香川 高松 屋島 シンタニ歯科医院 技工部ニューバリー

どんな先生??

シンタニ歯科医院オフィシャルページへ

歯科相談

このアーカイブについて

このページには、2013年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年5月です。

次のアーカイブは2013年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • images