香川県高松市屋島 シンタニ歯科医院
シンタニ歯科医院Blog 技工士さんのひとりごと技工士 多田祐介 プロフィールはこちらから技工士 熊野秀貴 プロフィールはこちらから技工士 新谷考史 プロフィールはこちらから

2006年7月アーカイブ

日本の資源
日本は資源の乏しい国といわれるが、決して何も取れないわけではない。火山国である日本は世界有数の軽石生産国だ。昔から魚の目、タコのお手入れには軽石がつかわれているようだが、最近ではむだ毛の処理にも使われるようだ。見える所のオシャレには(宝石)で見えない所のオシャレには(軽石)というわけである。建設現場で(軽量ブロック)というのがあるが、あれは軽石とセメントをまぜたもので、普通のブロックより軽く、音や熱を伝えにくいち言う事で需要が絶えないそうだ。かなり広く活用されていて、ただ火山のふもとで拾うだけでいい軽石を我々日本人は軽く見てはいけないのである。もしかしたら、この軽石がエネルギーにかわる時代がくるかもしれませんね。 
熊五郎

コメント:地球資源を大切にそして有効利用はだいじです。 スバラシイ視点です。
最近は、雨が多いですね。せめて今日一日だけでも晴れて欲しい!!今日は、楽しみにしてた地元庵治町の夏祭り&花火大会なのです!
 はやくこのジメジメから解放されて、おもいっきり夏を満喫したいですね。夏と言えば小麦色の肌!小麦色の肌に白い歯がキラリと光っていたら最高に素敵だと思いませんか?さあ白い歯で海に夏祭りに出かけましょう。
            技工士 ショベル

コメント:花火なんですね 楽しいしきれいですから
恋が芽生えるかもね 高松の花火は8月13日です。

高松 屋島 シンタニ歯科医院
左回り!?
皇居の周りをジョギングしている人に、どっちに回って走っていますかと聞くと(左回り)と答える人が圧倒的に多いようです。なぜ左回りが多いかは、説明が難しいようです。とにかく人間の体がそのように出来ているようだ。たとえば、脚の長さ。人間は左右対称ではなくたいていは右が長いようだ。だから目隠しをして歩くと真っ直ぐのつもりが、左にそれていく。つまり、自然と左回りになる。また、心臓をかばうためいわれる。考えてみると、野球のダイヤモンド、陸上のトラック競技、も左回りだ。自然に逆らわずに実力を出せる環境になっている。もしかしたら我々の仕事にも何か、取入れる事があるかもしれません。 熊五郎
自然との闘い
技工士は歯科医師の指示に従い、歯が欠損した歯列あるいは崩壊した歯質の代替となる修復物を製作し、口の中の機能回復に貢献する。
 われわれは、修復物を製作する前に、すでに自然に対してハンディキャップを負っている。したがってわれわれにはあらゆる可能性を駆使する必要がある。製作された修復物は他人にそれと分かる物であってはならないし、現代人の希望、時代の要求に応えるものでなくてはならない。

      ミサイルと台風の嫌いな技工士ショベル

命題
(心を串刺しにされた者)と書いて患者と読みます。歯科医院を訪れる患者は症状や捉え方による大小の差はあっても、心に串を秘めている。日々の臨床技工の中での作業は、患者の不安や、(心の串)を優しく取り除き、夢や希望、現実的喜びを与えることが、歯科医師と共通の命題である。シンタニ歯科技工部 ニューバリー  熊五郎

コメント:なかなかのひとりごとですね シンタニ歯科の技巧部もここまで考えられるとは院長としてうれしいとともに誇りにさえおもいます。医療人として心にしっかりと刺しておきたいと思います。院長

どんな先生??

シンタニ歯科医院オフィシャルページへ

歯科相談

このアーカイブについて

このページには、2006年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年6月です。

次のアーカイブは2006年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

  • images