香川県高松市屋島 シンタニ歯科医院
シンタニ歯科医院Blog 技工士さんのひとりごと技工士 多田祐介 プロフィールはこちらから技工士 熊野秀貴 プロフィールはこちらから技工士 新谷考史 プロフィールはこちらから

2006年1月アーカイブ

歯の色
歯の色について皆さんどのように感じられていますか?歯科の仕事にたずさわっていない友人に聞くと、だいたい(白い!!)と言って答えてきます。確かに白いのですが、歯髄、象牙質、エナメル質の厚み具合によって、色や透明感が変わっているのをご存じでしょうか?我々歯科技工士はその色を再現する為に考えながら作らなければいけません。そのために、患者様とお会いして色を見させて頂くシェードテイキングいうステップが必要となってきます。患者様の歯に一番自然になじむ色を再現するためにこのステップは、かなり重要になってきます。ただ白い歯では確実に不自然になってしまうので、歯科技工士はより自然な歯にするために色々と勉強していかなければいけないのです。     熊五郎
バランス
おはようございます。最近の週末は、もっぱらスノーボードをやってる技工士ショベルです。
 スノーボードは、とってもバランスが大切です。毎日寝る前に丸太の上に乗ってバランス感覚を養うコソ練しています。歯も、とってもバランスが大切です。歯並びや歯の色のバランスが悪いと、その人の性格や社会的な活動にまで影響することも少なくありません。白すぎても黄色すぎても自然では、ありません。歯の本来の働きや、審美的な外観を回復して患者様の満足が得られなければ治療が終了したことには、ならないと思っています。
  仕事と趣味でも日夜アンバランスと格闘しているショベルでした。
技工(歯を作る)で大切な事
技工の作業で大事なものは何でしょうか?僕は、模型かな?っと思ったりします。模型とは何かといいますと、患者様の口に入れる作り物の歯を作るための歯形の事です。それをもとに切ったりなどして、歯を作るのです。それをおろそかにすると、たとえどんなに模型上で完璧にできたとしても、口腔内に入れるズレているのです。ですので模型という一番最初の単純と思われる作業が一番大事ではないかと思います。もちろん模型だけ完璧でも口腔内にきちんと収まる事はありませんが、どの技工士も忘れがちな大切な事かと思ったりします??なにごとにも、初めから気を遣っていくと完璧に近ずくと信じてがんばっていきたいと思います。    熊五郎
あけましておめでとうございます。
 皆様のお正月は、いかがでしたか?お雑煮は、食べましたか?僕は、あん餅の入ったお雑煮を食べました。気持ちがわるいと言う人もいますが、本当に美味しいですよねー(^0^)毎年食べてますが、食べると気合いが入ります。今年も気合いを入れて一つ一つ手作りして皆様の健康をサポートしていきますので、本年もよろしくお願いします。
                                 
              by 74ショベル
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。 精巧で噛み合わせを一番に考え がんばります。

どんな先生??

シンタニ歯科医院オフィシャルページへ

歯科相談

このアーカイブについて

このページには、2006年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年12月です。

次のアーカイブは2006年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

  • images