香川県高松市屋島 シンタニ歯科医院
シンタニ歯科医院Blog 技工士さんのひとりごと技工士 多田祐介 プロフィールはこちらから技工士 熊野秀貴 プロフィールはこちらから技工士 新谷考史 プロフィールはこちらから

2004年9月アーカイブ

歯科医師と歯科技工士の関係について
歯科医師がおこなう国民歯科医療のために、歯科医療専門技術者としてその一翼を担うのが歯科技工士の役目です。
 歯科医師の指示により、患者さんのためによりよい義歯や冠を製作するため、常に歯科医師や歯科衛生士とコミュニケーションを図りながら専門技術を発揮するということになります。
 歯科技工士は、過去の歯科医業の歴史において、また、現実において、経済的・社会的に歯科医師とは格差があって、歯科医師とは徒弟的になっている面がないではありませんが、新進気鋭の歯科医師の多くは歯科技工士を専門技術者として、その人格・学識・技術を尊重し、歯科医療をおこなうパートナーとして、対等な立場で国民により良い歯科医療を提供するために努力しています。また、そうでなくては高度で良質な歯科医療の提供は難しいといえるでしょう。
 現在、歯科学生は歯科大学において歯科技工の履修をおこない、その理論についての教育はありますが、実技については必ずしも十分に教育されているとはいえません。
このようなことから、歯科医療の特色である歯科補綴(ほてつ)に関する歯科技工はほぼ100%歯科技工士によって製作されているのが現状といっても過言ではありません。
※日本歯科技工士会HPより抜粋

どんな先生??

シンタニ歯科医院オフィシャルページへ

歯科相談

このアーカイブについて

このページには、2004年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2004年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

  • images